Mac庵 便り

Boy Meets Mac

f0055649_2146524.jpg


初めてパソコンを買ったのは、1998年のはず。
98年型PowerBookG3 266MHz(WallStreet) は、ちょっと人には言えない値段だった。
なんで、Macにしたんだっけ?

ちょうどその年、初期型のiMacが発売された。「Hello」だったっけ? 確か。そんなキャッチコピー。
部屋の事情でノートパソコンだって 的は絞れていたが、さて。

結局はデザインだったんだね。当時よりはあとになってから「クラムシェル」型って呼ばれ出したような気がするが、そのシェルのデザインに魅かれた。
当然、MacOSがどんなもんだか知らないままで。
会社ではWindowsを使っていたから、知らないOSを触ってみたかったってのもある。

そして、今年が9年目。
[PR]
# by macbook_gun | 2006-02-01 22:33 | Mac

カウントダウン


Intelの波に呑まれますか?   f0055649_2256162.jpg
考えてみてください。PowerPCがMacのMacたる所以だった
のでしょうか?

CPUはコンピューターの心臓ではあるけれど、テイストでは
ないはず。



たまたまWindowsのCPUがIntelだったというだけで、たまたまMacが直近までPowerPCだったというだけ。
使い手にとってはインターフェイスと使用感が「Mac」なのでは??
[PR]
# by macbook_gun | 2006-01-31 23:50 | Mac

iChat の想定外

f0055649_1750115.jpg
最初、僕とMとでiChatをやっていた。
そこへYが加わり、Kが遅れてやってきた。
どれほどの盛り上がりを見せるのか、見せないのか。
予想はほぼついていた。

それが・・・、である。



とりあえず、安定してチャットが出来ていた、その平穏に一石を投じたのは僕だった。
ADSL の回線を8Mから50Mへ上げたのだ。その途端、Yとのチャットが出来なくなった。
それが引きがねとなり、Yのネットワーク環境の変革への士気が一気に高まった。
2MのADSLから光への切り替え、Intel iMac の購入と、「どうしちゃったの?」 と聞くと 「今はヒカリじゃろ」 と。

結果、Yの iSight 内蔵の Intel iMac の購入がMとKの iSight 導入に火をつけた。
取り残された僕は、ひとりビデオチャットへの映像なしでの参加を余儀なくされたのである。

去年の禁漁になってからのある夜、一通のテキストチャットが呼び水となり、こんな展開になろうとは。
自分のネットワーク環境に自信満々で iChat のホストになっていた僕は、今はチャットの招待を待つばかりだ。
[PR]
# by macbook_gun | 2006-01-30 22:48 | Mac

期間限定

期間限定で、Macネタブログ やります。
決して、ビデオチャットで 「ハネ」 にされたその ハライセ ではありません(笑 ←ホント?)
.Macのグループのページも、全然盛り上がらないので、こっちを始めたっていうハナシもあります。
Appleがブログサービスをしないのなら、せめてiDiskのスペースでexciteのブログ やらせてほしいわ。
かたやディスクスペースを余らせて、かたや30MBを越えたら有料・・・。まあいいけど。


そもそもチャットなんて、ってそう思ってたはずのMac仲間がこぞって今ではビデオチャットです。
むむむー、まあそれもいいけど。
きっとMacを使って出来ること が、変わってきているんだろうなぁ。

初めてPowerBookを買った時は、まだダイアルアップ接続だった。
当時はネットワークを介したアウトプット前提ではないアプリケーションの方が多かったように思う。
もちろんそれは今でもあるが、今の 特にApple純正アプリケーションは、ネットワークありきで 「こんなことができるよー」 っていう商品提示の仕方が色濃い。

確かに楽しいし、オモシロイ。
しかし、これだけの範疇で終わるほどMacのポテンシャルは低くはない。
だから僕は、iSightを買わないのだ。

※Mac庵とは もちろん僕のとっ散らかった部屋のコトです。

f0055649_1323295.jpg

[PR]
# by macbook_gun | 2006-01-29 13:02 | Mac